猫のアレルギーの治療法について


猫のアレルギーは大きく分けるとノミアレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー性皮膚炎などが存在しており、中には品種によってかかりやすい場合とかからないことがあると思っている人もいますが、実際には関係なく、あらゆる品種でアレルギーになることがります。その為、猫を飼っている飼い主はアレルギーについては調べておいた方がいいでしょう。では、万が一アレルギーが発症した場合の治療法についての説明をここではします。

まず、症状によっても異なりますが、ノミアレルギー性皮膚炎の場合はアレルギーを治すためにはノミを取り除く必要があります。色々な方法がありますが、薬などでノミを死なせる方法で治療することがほとんどです。続いて食物アレルギー性皮膚炎ですが、これは食事から発症しているアレルギーなので、キャットフードを変えることが大切です。食事をした後にアレルギー症状がある場合は、キャットフードについて考えましょう。続いてアトピー性皮膚炎に関しては炎症を抑える作用を持つ薬を使って治していくのが一般的です。アトピー性皮膚炎の場合は痒みなどが発生するとかいたり、舐めたりして感染を引き起こしてしまう可能性もあるので早めに動物病院に行くようにしましょう。

このように、それぞれ症状によって治療法が異なります。