猫のアレルギーについて知ろう


猫は人間と同じように自分と自分以外のものを区別しており、自分以外のものと判断した時には排除しようと自分をウイルスや細菌から守ろうとします。しかし、これらの仕組みが普通は害のないものに対しても反応してしまうことをアレルギーと言います。猫にもアレルギーがあり、色々な症状があります。まずは猫のアレルギーについて知っておきましょう。

では猫のアレルギーにはどんな種類があるのかということですが、まずあげられるアレルギーとしてはノミアレルギー性皮膚炎です。猫のアレルギーの中でも最も多いと言われており、特に春から夏にかけてはノミが活発に活動するため、発症する猫が多いと言われています。症状としてはノミが体の中に潜伏し、吸血をし、皮膚に痒みなどの症状が現れます。

続いてのアレルギーはアトピー性皮膚炎です。人間と同じように、猫もアトピー体質を持つものがいます。季節に関係なく発症することもありますし、特定の季節だけに発症する猫もいます。これらはダニやハウスダストに反応して痒みなどを伴うことがあり、ボツボツしたものができることもあります。

続いては食物アレルギー性皮膚炎ですが、これはキャットフードなどが原因で起こるアレルギーです。特徴としては食事を与えてから数時間以内に皮膚に症状が現れることが多いと言われています。季節に関係なく発症することが多く、こういった症状が出る場合にはキャットフードについて考えるといいでしょう。