アレルギー対策のためにキャットフードについて


愛猫のアレルギーで悩んでいる人もいるのではないでしょうか。アレルギーになる可能性はどの猫にもありますが、その中でも防げるアレルギーとしてはキャットフードが原因で起こるアレルギーです。食事過敏症などになると特定の食品を食べることで身体が敏感に反応をしてしまいます。身体に異常が出ているにもかかわらずそのまま同じキャットフードを食べさせると命に関わることも考えられるので注意をしましょう。万が一食事によってアレルギー症状が出た場合にはキャットフードを最優先して見直すことが大切です。

では、アレルギーを引き起こさないためにはどんなキャットフードを選べばいいのかということですが、アレルギー対策として重要なのが乳製品、牛肉、トウモロコシ、小麦などアレルギーを引き起こす可能性が高い食材を含んでいるキャットフードにしないことです。実際にアレルギーになる食事は猫それぞれ異なりますが、乳製品などの食材はアレルギーを引き起こしやすいと言われています。

アレルギーを避けるためにも大切なこととしては原材料を確認することです。キャットフードのパッケージには原材料が書かれており、乳製品などが多く含まれていないかについて確認をしましょう。また、合成着色料・保存料・香料・酸化防止剤等に関してもアレルギーの原因になる可能性もあるので注意が必要です。